プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

スポンサーサイト

Posted by DAWA(プリケツ5号) on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めちゃめちゃ動くMH01

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

いっこうに終わりが見えず、遂に連載20年という長寿漫画

ファイブスター物語

僕が死ぬまでには終わってくれると信じている、ながーい目で楽しんでいるんですが、そこに出てくるモーターヘット(略してMH)がとにかくカッコイイ!

しかも最近では(といっても随分前だが)プラモデル(専門用語ではインジェクションキットと呼ぶ…のか?)で出ている。

僕が漫画を読み始めてた頃は、モーターヘッドといえばガレージキット。2万3万は当たり前でとても手が出なかったしろもの(もちろん技術的にも…)

しか〜し

プラモなら何とかできるんじゃないのか?

なんて思ってナイトオブゴールドラキシスを購入したのが数年前(確か発売直後に買った記憶がある)。


10012559.jpg


だがしかし…

当時は造れませんでした(涙)
当時でも対象年齢15歳をゆうに超えていたと思うんですが(それくらいいつ買ったか覚えてない)、合わない接着面。何度接着しても取れるパーツ…えぇ…途中で挫折しましたがなにか?


それをプラモデルリターンの昨年末に引っ張り出してきて、百式を造っている合間にチャレンジ。(何でかといえば同じ金色で塗装の手間もマスキングがほとんど無いから一緒にやっちゃえって感じだったWWW)

で、30歳半ばの今なら造れることが判明


IMG_1617.jpg



だがしかし再び!

何かプロポーションちが〜う!


そしてなにより
とてつもなく動かな〜い。
全く動かな〜い


何じゃこりゃ?
合ってるのか??

と色々な方のWEBを拝見させていただいたら…みんな同じ事言ってる…。

これでは納得できない!
もっとモーターヘッドはセクシーで美しい!

ということで、もう一気ナイトオブゴールドを入手。しかも全く同じじゃつまらないので、ラキシスのナイトオブゴールドではなく、アトロポスのパトラクシュミラージュ(ナイトオブゴールドA-T)だ!
IMG_1608.jpg

改造してメチャクチャ動くモーターヘッドを造るぞ!


スポンサーサイト

めちゃめちゃ動くMH02

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

さてさて、具体的にはといえば、

市販されている可動パーツやこれまでのジャンクパーツを使って動かす

が一般的だと思うんですが、僕はコレができない

何故かと言えば、コレまで造ってきたどのガンプラも、この手の改造すると

1)手足の長さがいつも左右で若干違う

2)結局あまりが可動範囲が変わらない

3)動かしているうちに折れて修復不能に手間がかかる


どれだと思います?






答えは全部WWW

つまりあまりイイ記憶がない!

30歳も半ばにさしかかれば、そんな失敗が目に浮かぶチャレンジではなく、もっと効率的で、もっと確実な方法が見つかるはずだ!

なんて色々な方のWebを拝見していたら、イイの見つけた!

IMG_1609.jpg
IMG_1629.jpg


コトブキヤさんから発売されている

「フレームアーキテクト」

こいつが良く動く!

IMG_1626.jpg
「エイドリアーン」


IMG_1624.jpg
「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ」

なんてのもOK!

さらにサイズ感も
IMG_1613.jpg
いけんじゃね?????

ってことで、
IMG_1611.jpg

フレームアーキテクトを軸に
ナイトオブゴールドA-Tを

製作開始!

めちゃめちゃ動くMH03

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

さて、実際にナイトオブゴールドA-Tを見てみて気付いたこと。それは…ほとんどが前に造ったナイトオブゴールドとパーツが共通ってこと…手抜き?

IMG_1635.jpg

黒くなっている部分はナイトオブゴールド(ラキシス)で、今回のATには使わない。
しかも
C・D・Eのパーツは完全共通。つまり専用パーツは
A・B・F×2の系4ランナー。

IMG_1638.jpg

これだけ。



これならラキシスバージョンも造れるのではないかと思ってみたら…
頭だけがない
つまり、この2体の最も違う頭部が無い…あと数百円高くなってもイイから付けてくれても良いのに…


と、悲観ばかりはしていられません。

嬉しいことも!
それは
「新規のランナーの精度が上がっている」

IMG_1655.jpg

例えばサーベル部分

IMG_1656.jpg
IMG_1657.jpg

ラキシスバージョンでは柄がまんまチ○コ形状だけど(ちなみにこの形状は作者がそれをイメージしてデザインしているらしい。他にもいろいろな場所に性器をモチーフにしたデザインがあるとかないとか)、新規ランナーのATは結構精密に、しかも彫りも深く細くなっている!

股関節部分のアーマーも
IMG_1658.jpg

縁の部分の通気孔(?)が細く、角のエッジも精密に


つまり、新規ランナーの4枚は精度が上がっているってこと。

やるなウェーブ!

めちゃめちゃ動くMH04

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

前置きが長くなりましたが、実際造っていきます!


まずは各パーツがどの位合うのか(合わないのか)をチェック

…全く合わなかったらどうしようとドキドキ!


IMG_1639.jpg
もちろん削らないと入らないけど、サイズ敵にはバッチリ!


IMG_1642.jpg

肩もそれなりの加工で付きそう!


IMG_1644.jpg
股関節のアーマーは…これはどうやれば付くのか考え中

IMG_1648.jpg

モモは長さも細さも完全にアウト。とにかくここは入らなそう!


IMG_1662.jpg
頭部を付けてみると…なんか
リーゼントのヤンキーみたいWWW

頭はちょっと大きすぎるかな。ということは、このフレームアーキテクトより、大きめな完成になればOK。小さめじゃなければ加工も簡単そうだし!

ということで

これ使えそう!



そこで早速足を製作。

IMG_1651.jpg


モモは無理にフレームを入れなくてもイイから、キットそのまんまを使用。丁度良いところにポリキャップのうけがあるので、そこフレームアーキテクトの膝部分を差し込む。少し干渉するので*、フレームアーキテクトの方をカッターでちょこっと削る。

IMG_1673.jpg

こんな感じになりました!


IMG_1683.jpg

足はとにかく削らないと入らない形状なので、どこをどう削れば良いのかチェック。 ちなみにこのフレームアーキテクト、足は前後上下入れ替えて装着できるので、4パターンの中から一番加工が少ないところを探せる利点もあり!

IMG_1675.jpg
内側の突起をカッターでカットカット。
ちなみにこの作業で指切りましたWWW。
えぇざっくり…。

IMG_1676.jpg
切りカスが工場もマークみたい! 
地図記号でこれって工場ですよね? 
あれ…何か違うか??

IMG_1686.jpg


フレーム側も今回はざっくりカット。強度的に不安はありましたが、ABS樹脂は思った以上に強度が強いので(クルマのバンパーとかに使われる素材だからね〜)この位切っても全然びくともしない。しかもプラモパーツ同じくらいさくさく切れる。ただ、あまりにカッターがよく走り…再び指切りました(涙)。


で、

IMG_1690.jpg


組めました!
右は純正そのまま。
まだソール部分が無いにもかかわらず同じ長さ。きっとよりも足長になりそうです。しかもこんな感じの逆反りできるようにもなりました!

気になる可動範囲は…

IMG_1678.jpg

めちゃめちゃ良く曲がる〜WWWWWW。
この差です!
やぱりこのぐらい動かないとね!


ということで、次回は上半身を着手!

ではでは!

めちゃめちゃ動くMH05

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

上半身を造っていきます。
ただ、この作業、造っていくというより削っていくという表現の方がぴったり。だって使用道具は「カッター」のみ…。こんなんで良いのか??

IMG_1693.jpg

まずは胸パーツ。
結構複雑な形状で、今のガンプラだったら、間違いなく点数がかなりかさむような形状なのだが、ナイトオブゴールドは悪名高きモナカキット*
。つまり2つのパーツを合わせれば完成。中身は空洞というもの。

色々な人のブログでも、かなりヒドイ言われようですが…たしかに褒めるべき点は全くないです。

だがしかし

今回は内部にフレームアーキテクトを埋め込むのでそれは「利点」と考えて作業を進めます。


IMG_1694.jpg
IMG_1695.jpg

それらしく、少しずつカッターでナイトオブゴールドの胸パーツをカットして、それらしくはまるように。あくまでもそれらしくです。それ以上の加工は僕にはできません。

で、胸パーツが着いたので、取り合えず肩パーツをテープで留めてみる。




IMG_1705.jpg
あら、イイ感じじゃない!?

ぢゃ〜腕の装甲もそれらしくテープで留めてみて…

IMG_1707.jpg

あらあら、やっぱりイイ感じじゃない?



っと、ここで難関に突入。それは

IMG_1646.jpg


形状が違いすぎる…
なによりコレ使ったら
どうやってスカート部分の
装甲を取り付ける!?

そして
前回造ったモモを自作で受けを
造って取り付けると

いつもの
「左右で若干長さが違う病」
が発病してしまいそうだ。

そこで腰は
IMG_1709.jpg

キットの物をそのまま装着することに。
前回造ったナイトオブゴールド-ラキシス-の時もそうだったんだけど、この不思議な4本足のポリキャップにスカートの装甲を付けるんだけど、これがすぐ落ちる。ぽろぽろ落ちる。だた、ここを自作で製作すると
いつもの
「改造した部分が折れる病」
が発病しそうなので
「折るより取れる方がマシ」
とそのまま使います。

決して加工方法が思いつかなかったとかそういうのじゃ…いぇ…その通りですWWW

で、腰を組んでそれらしい位置に置いてみると
IMG_1711.jpg

おぉ、モーターヘッドらしくなってきた。

ついでに前回組んだ足と、パチ組みしてある顔を乗っけてみると…

ナイトオブゴールド


いける! これはいける!!

自画自賛ですWW えぇ、自画自賛です。

このプロポーション見てちょっとテンション上がりました!

ちなみに足とウエストで背が高くなっていますが、
ナイトオブゴールド


祖組みのナイトオブゴールド-ラキシス-と比べても、ソールがナイ状態で既にA-Tの方が大きい。

それと「ポージングの違い」もはっきり。


足の開きは膝下が動くことによってかなり自由度が増して(膝との連結部分が多少左右に回転するので、そのお陰で足が外を向く。これが粗組みのナイトオブゴールドにはできない…。つまりつま先がこの写真以上外を生まないんです…何という可動範囲の狭さ…)、足の位置もかなり動く。更に肩の高さも変えられるので(これまた粗組みは肩は1軸で上下に腕を動かすぐらいしかできないけど、フレームアーキテクトは2軸で上下、更に前後も動く)怒り肩も実現可能。実際この方が好みなのだ〜!

モーターヘッドは
やっぱり
ジョジョ立ちが似合う!



そう思いませんか?

このテンションで次回はソールを製作。メチャクチャ動く足を思案中
*

ではでは!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。