プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

ガンダムMK.3 番外編

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   4 comments   0 trackback

次、何作ろうかなと、押し入れの整理をしてたら(押し入れの中に工具をしまうところを作っているので)、こんなのが出てきた。
ガンダムmk.3
1997年(再販??)
サイドストーリー オブ ガンダムZ
作画:近藤久和
発行:メディアワークス


この中にガンダムMK.3が出てた!!

Z グスタフ
しかも、

乗っているのはシャアですwww。
どんなけ、とんでも設定なんだよwwwと思いつつも、mk.3が出てくる数少ないガンダムなんじゃないでしょうか?

ガンダムmk.3
ちなみに、シャアはティターンズで、バスク直属の舞台で、部下がジェリドで、カミーユとは敵同士です。。。

とんでも設定ですwww

なんにしても…
作る前に発見したかった…orz

それと、こんなのも出てきた。

ガンダムmk.3
1988年
ジオンの再興
作画:近藤久和
発行:角川書店

近藤版の傑作MSが大集合の一冊。

コレ見てたら
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
Z グスタフ
>
Zグスタフに興味が湧いてきたwww。。

近藤版を永野デザインイメージで…ヾ(~∇~;) コレコレ。。

無理かな〜!? いけるかな〜??

どっちも、ちょっと有機的なのは似ているけど(似ているか??)…。

保留!

ガンダムMK.5も作りたいし(シウヴァレットでないかな??)
ハイゴックでキュベレイMK.2作ってみたいし(オリジナル臭満載ですが…)
Sガンダムがあるから、それもやってみたいし
この流れからすると、MK.2も作りたいし

作りたいのは沢山あるけど…アイディアが貧困(T_T)

スポンサーサイト

Zグスタフ製作記1

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   2 comments   0 trackback

まずは、近藤作品の
Zグスタフ
量産型Zについて見てみる。
ちなみに、どっちもガンダムは付かない。

似ているんですが、ちょっと異なってくるんですよね。

こちらがZグスタフ
zグスタフ


ジオン軍が青葉区で改修したガンダムを解析して製作したMS。なので、ジオン製なので、ガンダムの名前は入らない。頭部にザク同様のモノアイがついている。メタスやリゼルのような突起が背中に付いている。足はどちらかというとジオンよりなデザイン。
時代は一応グリプス戦役頃。UC0088

こっちが量産型Z
Z グスタフ
連邦がZガンダムの廉価版として製作したMS。特別機でも、特務機でもなく、長距離爆撃を主体とした編隊用の量産MS。時代はシャアの反乱のちょい前ごろ。UC0092〜0093

設定は全然違うんだけど、まぁ似ている機体。
作るのはどっちでもいいんだけど、大きく異なるのが
背中と足と、頭部(角の付け根にモノアイがあるかないか)。

どっちにしよう? Zグスタフって響き好きだしな〜。

どのぐらいこのMSに思い入れがあるかと言えば、
Zグスタフ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
きたなくてすいませんwww。
今から20年以上前。当時小学生(中学生だったかも…)だった自分が初めて買ったガレキ。多分1万円を軽くオーバーしたであろう、1/100近藤版Z。

お年玉を貯めて、これを買ったのは今でも覚えている。。
で、全く造れなくて悔しかったのを覚えている。。

現在はパーツが揃っていないので(これと、あと下半身のパーツがちょっとあるだけ)、再び組むのは不可能なんだけど(コレの手が、以前製作したキュベレイに使用されている)、当時、こんな高い買い物をしてまで欲しかった。そんな思い出深い機体が近藤版Zなんです。

で、WEB検索しても、ほとんど見かけたこと無いので、実は貴重なモノなのかも知れない頭部カット


Zグスタフ
Zグスタフ
Zグスタフ

特徴あるデザインです。とにかく前後に長い。そして、フェイスが小さい。このデザインが当時僕が大好きでした。

Zグスタフ

グニュってしている前に長い顔と、デカイスカートは近藤版の特徴!?


で、この顔がどれぐらい小さいかといえば
Zグスタフ

1/144リゼル1/100近藤版Zの比較

ほとんどサイズがかわりません。ただし、前後にはメッチャ長いです。
これが特徴なんですね。


で、なぜ、リゼルの顔と比較したかといえば

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
Zグスタフ

はぅぅぅ!! やってしまったwww。

はい。顔面を使用してこんなの作ってみました。製作時間わずか数十分
意外にいけそうじゃないですか?

貴重な思い出のパーツを使用して作って見たいと思います。
で、頭部がイマイチアレなので、更にもう数十分かけて
Zグスタフ

角の付け位置を丸くして…

これだと、まだ顔面に対してカブトが大きく、更に角張っているので、
更に1時間以上かけて
Zグスタフ

中央部を削って細くして、頭頂部を丸くヤスってハイできました。

こんなコトしてるから仕事の納期がきつくなるんだよorz。

ちょっと手を着けようと思ったら、実に3時間以上いじってましたwww。


っとこんな感じで、近藤版Z(グスタフか量産型かは現在保留)を製作していこうと思いま〜す。

Zグスタフ製作記2

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   1 comments   0 trackback

量産型Zか、
Zグスタフか。。

どっちにしようか?
っとそこも決まっていないんだけど、、、、、

進めます。

でも、正直素体にZを使うのが速いんだろうけど…
Zを使うと、Zっぽくなりすぎてしまう気がして、イマイチ気が進まない。

でも、何を使えばいいか
正直、まだ、全く思いついていません。。

とりあえず、
デルタプラスのボディZグスタフ
を使ってみる。
(前回、MK.3を作っているときに、バンダイさんにパーツ注文したんだけど、この部分は百式の時に使いやすかったので、一緒に注文しておいたんですよね)。。

こんな感じになります。。

いけるか?
ちょっと違いすぎるか?
とりあえずやってみよう!


ここの加工は、以前百式を製作した際に1度いじっているので、結構簡単!?

まずはこんな感じでちょんぱ!Zグスタフ



Zグスタフ
組んでみるとこうなるんだけど、首部分が短く見えるので、そこを加工。。

Zグスタフ
ここをカット

Zグスタフ
フロントの装甲番も左右、中央の3パーツに分割


更に、こちらも百式でも使用した
Zグスタフ
GP01の足首
これをボディに使用。。

組んでみると
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Zグスタフ
このバランスは最近の僕のお気に入りライン。。

このままだと、百式とほとんど同じになってしまうので、
胸に廃熱用のダクトを取り付けるために

Zグスタフ
装甲番をくり抜いてみる。

とりあえず、こんな感じで進めてみるけど…

ヤバイ。。
前回製作したMK.3以上に、全体像の組み合わせが見えてこない…

何を購入して、ドコをミキシングしていくか…。。

わーかーらーなーいーー。


zグスタフ製作記3

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback


使用するのはデルタプラスウェーブライダー時に使うカカト。(右)
それと、ジムかなんかの足首。(左)
僕は腰パーツを作るとき、ほとんどなんかの足首周辺のパーツをミキシングしている気がする。。
IMG_6848.jpg



これをつなぎ合わせて、可動軸のボールジョイントをこんな感じで配置。
IMG_6850.jpg
更に下部に穴を開けて、これまたウチにあったブルーディスティニーの股パーツを繋げば


zグスタフ
ハイ。現状はこんな感じです。

これで腰に可動軸が出来て、ポージングの際の自由度が大幅に増します。

これで、一応ボディのフレームは完成。
これにZらしい装甲を取り付けていくって感じにします。。

明日には仕事も一段落つくから、思いっきりプラモをいじってやる!!!

zグスタフ製作記4

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

10日連続の怒濤の締め切りラッシュもようやく一段落
゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○ プハァー

一息入れて、さてプラモ♡ プラモ♡

今日は納品の後に、僕のテーマパーク
「ジョイフル本田」
へいって
こんなモノを買ってきてみた!

↓プラリペア&型取くんセット ¥1700
IMG_6867.jpg

前から「複製」に興味があって、でも、パテとか使う設備も必要なモノじゃなくて、もっと簡単にデキるものないかな〜って思ってて、昔バイクのカウルを直したときに使ったコレを思い出して…
これなら
プラスチックで複製できるし
精密な形状も抜けるし

なにより
設備投資が要らない

って思って、やってみようと思ったわけ。

IMG_6868.jpg
中身はこんな感じ。プラスチックの粉に固める接着剤みたいなモノに、型を取るモノ。そして施工するのに必要なニードル。
これだけ。

で、型を取りたいのが
IMG_6869.jpg

コレ。
20年以上前のガレージキット1/100近藤版Zの顔
もう手に入らないだろうし、なにより、ちょっと修正したいけど、ビビって手が入れられない…。から、複製しちゃえばいいジャンって思ったわけ。


なにはともあれ、やってみよう!

IMG_6871.jpg
まずは型どり君をお湯で柔らかく。これは何度も使えるので、経済的。

IMG_6873.jpg
で、元となるガレキの顔を型取る。

IMG_6874.jpg
だいたい10分ぐらいで硬くなるので、そしたら顔を抜く。この時抜きやすい方向を考えて模るのが大切らしい
。(説明書に書いてあった。コレであっているんだろうか…!?)


IMG_6875.jpg
で、パウダーに液を垂らして、それを型に流し込む。クチバシが細いので、そこに綺麗に流し込むのが難しい…


で 








IMG_6877.jpg
右)もとのガレキ
左)複製(白で解りづらいのでサフェ噴きました)


IMG_6878.jpg
おぉぉ!! 簡単にできた。
ここまで細かく抜けるなら良いんじゃない??


クチバシの形状を変えたかったので、複製したモノを加工して、
IMG_6881.jpg
出来た!
人生初の複製。かかった時間、僅か30分!

しかもプラスチックなので、他のパーツと同んなじように、ヤスリで削れるし、色も塗れるし、接着剤も使える!!
これは便利!
しかも、このサイズなら、あと100コは抜いても材料はあまりそう!

プラリペア。恐るべし!!


さて、近藤版Zですが、

ベースに使うMSも買ってきました!
コレを使います!!
IMG_6883.jpg
バンダイHGUC リガズィ ¥2,800←1/144なのに高けぇよ…

奮発して、Zではなく、リガズィにしました。しかし、RG以上に高いHGUCって豪華すぎるでしょ?? 箱もデカイし。。でも、バックウェポンシステムの方も使いたかったので、これはしょうがないって感じですかね。。

それと、製作の方向性も決めました!

量産型Zではなく、Zグスタフを作ります!
えぇ。前回作ったMK.3と同じく、「ちょっと違う」と言われるのは解ってますが、かなりオリジナル設定を盛り込みつつで作ります!

今日から3日間で、どれだけ進められるかがポイントだ…(週末は、また仕事が詰まっているので、水木金の3日間が勝負)。

やったるでぇぇぇぇぇ!   オーーーッッ!!☆ヾ(`Д´*)