プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

スポンサーサイト

Posted by DAWA(プリケツ5号) on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RX78 ガンダム製作記1

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

復帰第1弾で製作したファーストガンダム。

今、もう一度造ってみたら、どう変わるのか?

ということで、ド定番
「RX-78 ガンダム」を造り始めます。

まずは、
色々買ってきました

IMG_5538.jpg
カトキ版にするならジム改
ド直球のHGUCガンダム
意外と使えそう? HG ガンダムAGE
こちらも気になった、HG ガンダム30th(スターターキットを使用)
久々にバンダイさんへ大量お布施しましたwww

この他にも

RG ガンダム
HG Oガンダム

があって、
どれをどう使おうか? 現在悩み中。

もあるので、取り合えず、どう違うのか、検証してみた。

まずは
RGガンダム
HGガンダム30th
HGUCガンダム


の、それぞれイメージの違うファーストガンダム3体を比較
ガンダム 比較

最もアニメのイメージが強いのは、HGUC。最も違うな〜と思ったのが、個人的には30th。こうやってみると、一口に「rx-78 ガンダム」といっても、随分印象変わりますね〜。。(^^;)

顔が全然違う
ガンダム 比較 HG
逆に顔は30thが一番アニメに近い(??)、優しい顔つきしている気がする。やっぱりRGは格好いいな〜。。

ボディは厚みと幅で大きく変わる
1/144 ガンダム 比較
最も始めに発売されたHGUCは胸がデカイというか、幅も広く、重量感がありますね。30thとRGはかなり近しいイメージになってますね。

どんどん細くなる足
IMG_5551.jpg
足も後発になればなるほど細くなっている(??)イメージになっている。意外にも、長さはどれもほとんど一緒。


違いは肩と精密さ
IMG_5553.jpg
腕は関節部以外にデザイン上はあまり変化が見られない部分。肩のデザインはどんどん複雑になってますね…。


でも、やっぱりどれもファーストガンダムというか、「いうほど違いは見られない」ですねwww。そりゃそうだ。どれもガンダムだし…。

ただ、僕が得意としている(!?)工作がどちらかというと

「キットの精密さを上げていく」

ではなく

「違うキットを利用してそれらしく見せる」


なので、…正直、ガンダム自体をベースにして改造していくことはまずなさそう。

なので、こんなの使ったらどうかと白羽の矢を立てたのが

平成ガンダムトリコロール機体


OガンダムガンダムAGE
ガンダム ガンダムAGE 比較
はい。この2体です。ガンダムと比べてみても、意外と似ている(似ていない!?)ところが気に入っている機体です。

キモは、各パーツではなく「プロポーション」の違い
平成ガンダムの方が、シュッとしていて、より人っぽく、そして「JOJO立ち」が決まりやすい!

これがポイント高い。
正直、Ver.kaを造ろうかとも思ったんですが、色々な方のブログを見て回ると、かなりカッコイイものが造られているので、今さら僕がそれを真似たところで、それ以上カッコイイモノはできないし、そもそも面白みがないし…ということで、今回は、この2体のどちらかを使って製作することは決定みたいな感じです。。

色々違いを見てみると
ガンダム Oガンダム 比較
全体像はOガンダムがかなり近いのだが、フェイス自体は、AGEの方が好み。ただ、フェイス部分のサイズがかなり違うので(Oガンダム小さい…というか、AGEデカイ…)どういう風に使っていこう?

ボディ比較
ガンダム オーガンダム 比較
ボディももちろんOガンダムがかなり近い。ただ、AGEの片口の可動部分はかなり魅力。どうミキシングしていこうかな〜という感じ。
腹もOガンダム基盤で行くのが王道かな!? AGEはいつかZZガンダム造るときのためにとっておこう思います。

細さ&デザインがかなり使う脚
IMG_5572_20130520111637.jpg
王道ならOガンダムを使うのですが、AGEのマッシブなモモのデザインはちょっと捨てがたい。ここも両方使ってミキシングしていこうと思います。。

さぁぁぁ、大阪から帰ってきたら、作業進めていこうと思います。

目指すは

超スリム。
クビレバッチリ
今風ファーストガンダム


です。。(^^)/

スポンサーサイト

RX78 ガンダム製作記2

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   2 comments   0 trackback

具体案はまだ、ぼんやりですが、造りながら考えていくということで進めていきま〜す。。

まずはボディ。
Oガンダム
結局、Oガンダムを使用しました。
で、余分な所をカット。

オーガンダム IMG_5585.jpg

更に、胸と腰の余分な隙間を埋めました。



更にこの後、スカート部分を長くすると思うので、そうすると、ただでさえ短めなモモが更に短く見えてしまうので、そこを延長。
IMG_5588.jpg
多分1mmプラ板×3枚なので、3mm延長だと思う。

で、組んでみると…
Oガンダム 改造

これだけで、意外とファーストガンダムっぽい雰囲気になっちゃうからスゴイですねwww。

ところで、僕はガンダムOOをまだ「観ていない」のですが…Oガンダムって、何でこんなにファーストに似ているの?
何か特別な意味があるの?

RX78 ガンダム製作記3

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

HGのOガンダムを使用して、ファーストガンダムを造ってみようという今回。。
更に、工作の精密さ向上を目指して、今まで「目見当」や「現物合わせ」だった工作を、寸法取りだったり、左右対称に気を使ったりと、色々新しい事に挑戦して(といっても、仕上がりがいつも通りの雰囲気になるとは思いますが…)造っていきたいと思います。

で、今回造っていくのが「肩可動軸」
これは、AGEを組み立ててみて感じたことなんですが、肩部分に可動がはいると、「見得を切る」ようなポーズや、手を挙げたポーズがよりカッコイイと思ったわけです。

「ラストシューティング」
i041580694064.jpeg

なんて有名なポーズがあるRX-78ガンダムなら、なおのこと、このポーズが決まった方がカッコイイと思うわけです。

IMG_5589.jpg
キット純正は、ボールキャップで可動域はそれなりに高いのですが、肩の位置自体を動かせた方がイイので、ここをいじっていきます。
そもそも、顔に対して、肩の位置もちょっと低く感じたので、それも解消の一石二鳥を企んでいます

で、途中の写真撮影忘れちゃったので、いきなりこんな感じのを造りましたの図

IMG_5590.jpg

こんな感じになっています。
プラ板で造った可動軸受けに
HGUC ブルーディステニーの肩関節


を合わせています。

で、こんな感じに。
IMG_5593_20130526062921.jpg


肩のラインも微妙に上がっているのが解りますか?

IMG_5600.jpg

とりあえず、HG ガンダムAGEの腕に一式に、HGUC RX-78ガンダムの肩を合わせてみました。。
これで

IMG_6595.jpg

左が腕の軸のみ
右が肩の軸+腕の軸で可動


肩か同軸造った方が、より人間らしい手の上げ方になるし、ラストシューティングなんてポーズも決まると思ったわけです。

僕の思うカッコイイポーズには「可動範囲の拡大」が凄く重要なポイントだと思っているので。。



あと、バランス的に気になっているのがクツ。
やっぱりここら辺の形状が、宇宙世紀ものとアナザーものでは大きく雰囲気が違うと思っている部分。

で、ここはOガンダムHGUC ジム改の2つをミキシングして造ろうと思います
IMG_5613.jpg

まずは、ジム改のスリッパをまっぷたつに切断。で、左右均等に削って幅詰め。。

Oガンダムのスリッパは
IMG_5611a.jpg

この部分のみを切り出し


で、それらを合わせると
IMG_5621.jpg

こんな感じになって
IMG_5622_20130526070729.jpg


装着するとこんな感じ。

比較してみると
IMG_5624a.jpg IMG_5624.jpg

かなり雰囲気変わったと思いますがどうでしょうか? 細身なファーストガンダムっぽいラインになったでしょうか?

RX78 ガンダム製作記4

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

Oガンダムを改造して
RX-78ガンダムを造ろうと思っているのですが
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
ちょっと煮詰まっております…というか、思った以上にハードルが無いというか、加工する場所が少ないというか…ヤバイですwww 変な改造癖が付いてますwww。

いじっていない部分があると、不安になっている自分がいます。。(-∀-`; )

とりあえず、現状です。。

IMG_5625_20130528140734.jpg
胸のダクト部分をいじりました。
純正を幹にプラ板貼っては削って、貼っては削って…3回ぐらいやり直しました。

で、最終的に
IMG_6602.jpg
こんな感じに。
黄色い部分はヘイズルの背中に付くパーツのダクトを使ってます

この胸の突出量が悩んだ部分で、やけに長くなってしまうのを抑えながら、横長な長方形になるようにしていくのが意外と難しかった…


顔(頭)もいじりました
IMG_6606.jpg
中央に1mmのプラ板挟んで前後に延長。
更にトサカ部分は低さを出すためにヤスリで削り込み&形状変更
耳部分のダクトも0.3mmのプラ板で超地味に造りました。。
あと、登場部にあるヘコミ等はプラ板&パテで埋めてます。



の装甲版は
IMG_6604.jpg
段差を付けるために、0.5mm、0.3mm、0.2mmの3種類のプラ板で縁を成型し直し


こ・れ・で・・・・・
Oガンダム 改造

もうファーストガンダムじゃない? って感じ。

どっかバランス悪いところを探しているんだけど、意外と悪くないとか思っちゃっている自分がいます。
あれ?? もうすぐ完成しちゃう??

RX78 ガンダム製作記5

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   3 comments   0 trackback

前回のゲードライと違って、大きい「変化」が無いので地味な感じですが…少しづつ進めています

今回はチン○ガードここなんて名称なんでしょうかね??

IMG_6607.jpg
エッジが足りないのと、ちょっと細い&ハイトが少ないので、そこら辺を直します。


こんな感じになりました。
IMG_6613.jpg IMG_6614.jpg
前に1mm、下に2mmプラ板で伸ばして、左右上下前に0.5mmのプラ板を貼り付け箱を拡大。
更に右のような一段下がる形状のものを0.3mmのプラ板で製作。

で、

IMG_6615.jpg IMG_6619.jpg
こんな感じに。

スジ彫り等も増やしますが、こういう「装甲が折り重なったデザイン」というのを今回は勉強していきたいと思ってます。。

全体像。。
Oガンダム 改造

これで、スカート部分を伸ばしても違和感中そうな感じになったと思うので、次回はスカート? 後ろもやらなきゃ行けないし、なにげにひとつ手を入れると、大幅にやり直す部分が増えてきました。。(^o^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。