プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

スポンサーサイト

Posted by DAWA(プリケツ5号) on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰ほとんど見えないけど…

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

ほとんど見えないけど…腰のモールを深く。
コレが純正
IMG_2205.jpg

加工後
IMG_2206.jpg


ひたすらカッターで削り彫りを深く…かなりめんどくさい…

スポンサーサイト

足を長くしたいのだ!

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

しばらく放置していた
レッドミラージュ

先に造ったエンゲージSR1で
塗装しない方法でも意外といけるんじゃない??
という事が解ったので、
塗装は特に考えず、まずはカスタムしていくのだ!


っということで、まずは足。

レッドミラージュは
モーターヘッドとして
ガレージキット等でも
最も立体化されているモデル。

つまり
もっとも研究されているモデルなのに


このキット。
何故か

足が太い&短い…

そして
背が小さい

IMG_2135.jpg


ので

まずは

足を長くしちゃうのだ!

IMG_2242.jpg
伸ばすのはここ。

本来モモから長くしたいんだけど、あの半透明の装甲を再現するのは不可能だから、装甲はいじれない。
ので
関節を伸ばして行くKとで
足を長くし、細く見えるようにして、差Rに背を高くしていこうと。



ここに、緯線製作したナイトオブゴールドATでも使った
IMG_2243.jpg

ロールスイングジョイントを使用

IMG_2245.jpg

こんな感じです。
ちなみに、このジョイントのボールサイズが、レッドミラージュのポリキャップと丁度イイサイズなので、ここ以外に加工しないで付いちゃいましたWWW

ラッキーです。

で、長さは
IMG_2249.jpg
だいぶ長くなりました!

ここの隙間が
IMG_2260.jpg
IMG_2259.jpg
こんなに変わりり、
印象も軽やかになって、細さも少し出せれば良いなと。

しかも動きも
IMG_2250.jpg
IMG_2251.jpg
こんなに変わるのでポージングの自由度が
かなり向上
一石二鳥!


これで、足の加工は終了。
次は
モーターヘッドで
毎回いじる部分
股関節に
挑戦!


ではでは

股関節をいじるのだ!

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback


このレッドミラージュで
3体目のMH(モーターヘッド)なんですが、
なぜか100%必ずいじるのが
股関節

いつもいつも思うのが

モモとモモの隙間が
IMG_2262.jpg
せーまーいー。


ので、前々回合わせてみて最高だった

エンゲージSR3の腰と股関節のパーツを当ててみたら
IMG_2261.jpg
これまたやっぱり最高!
エンゲージSR3のこのパーツはほんとカッコイイ&バランスが良い!


ので、
まずは股関節のサイズを比較してみると
IMG_2263.jpg

やっぱりレッドミラージュはここの隙間が狭い!
例によっていつもの通り、股関節のボールジョイント位置を移動!


まずは
IMG_2264.jpg
左右のボールを切断して

IMG_2265.jpg
ピンバイスで1.5mmの穴を開けて1.5mmの真鍮を通して

IMG_2266.jpg
はい! できた。

股関節
かーんーせーいー!


更に腰マニアの僕としては
腰のクビレをセクシーに。

ということで、
腰はまんまエンゲージSR3のを流用した
ミクシングビルドしていこうと思ってます。

ではでは。

腰を流用するのだ!

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

どちらかというと
パワフルで男性的なラインを持つ
レッドミラージュ
ですが
(エンゲージ・シリーズは女性的!?)

僕としては
もう少し
女性的なラインでも良いのではないかい??

ということで、腰をちょっとイジリます。

最新モデルで、
僕が思う稀代の傑作
「エンゲージSR3」
IMG_2177.jpg

腰を流用して

ミキシングビルドしちゃおうと思っているわけです。


まずは
レッドミラージュのスカート部分に
エンゲージSR3の腰が付くように
ボールジョイントを取り付け。


コトブキヤのボールジョイントが丁度良いサイズだったので、それを穴掛け加工して
IMG_2267.jpg

こんな感じで
IMG_2268.jpg

装着かーんーりょーうー!

IMG_2270.jpg
ポージングするときのラインを考え、多少のクリアランスを確保した位置での取り付けで

IMG_2272.jpg
こんな感じになりましたー!

かなり線がが細くなってきたWWW

モーターヘッドは
こういう方が
断然好き!


次は首を少し維持って動くようにしたいと思っております。

ではでは

首を可動式にしたいのだ

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

発売記事着が比較的新しい
エンゲージSR1やSR3は
始めっから顔が可動式なんだが

発売時期が比較的古い
ナイトオブゴールドや
このレッドミラージュは

首&顔が固定式…

って、これ手抜きじゃないのか?

何でわざわざ
プラモにして
各種関節が
動くように考えているのに
顔が全く動かないんだよ!
おーかーしーいーだーろー!!!!!!!!!!



っと思うわけです。

そこで、首の改造。

やっぱりポージングする際に
顔が多少動かないと
制約多くなってきますからね〜。


まずは首が装着されるパーツでもある
この部分と、装甲番を
IMG_2276.jpg

こんな感じで
IMG_2277.jpg
くり抜いてみました。


こうすることで
IMG_2279.jpg
こんな感じで首が上下にうなずけるように。
レッドミラージュは
もの凄く首が太くて
ここを作り替えちゃうと
イメージがちょっと変わりすぎるので
ここを買えずに首動かすには
この方法が一丸かなと思ったわけ。


底の中に
ポリキャップを埋め込み
IMG_2280.jpg

顔が上下に動くように。
でも
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ほとんど
IMG_2290.jpg
IMG_2292.jpg

うーごーかーなーいーWWW

これやっちまったなー。と思いつつ、
全体のイメージを再チェック。

これが純正。
IMG_2283.jpg

だいぶ好みのラインに変わってきた。

IMG_2286.jpg


この路線で次は塗装関係も始めていかないと…。

塗装なんだけど、裏から塗ると何か出来るんじゃね?

と思いつつ、悩みながらも今日は終了。
ではでは

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。