プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

つくったった!

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

ナイトオブゴールド

じゃじゃーん!
製作期間4ヵ月。以前造ったナイトオブゴールドA-Tの失敗を活かして、とにかくモーターヘッドらしくをモットーにつくったった!

ナイトオブゴールド-ラキシス-です!


WAVEのパチ組みと比較すると
IMG_3369_1560465465

偉く違うの解ってもらえます?

ちなみにこのナイトオブゴールド。
WAVEのキット(ナイトオブゴールド-ラキシス-)は一切使わず、

レッドミラージュ
エンゲージSR2
パトラクシェミラージュ(ナイトオブゴールドA-T)
その他ジャンクパーツ


と更に
ひょんな事から、いただいた
型どりして抜いた
WAVEの1/144ナイトオブゴールド(ガレージキット)

この4つの組み合わせのミキシングビルドカスタムですWWW

がんばったオレ!

これで、デルタベルンのMHが
IMG_3377_125364864864

3体揃いました!

こうなるとオージェシュペルターも造って「ナイトオブゴールド4兄弟を並べたいWWW」

WAVEさん。キットで出して〜!

スポンサーサイト

定番の完成写真造りました。

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

定番のこんなのつくったった!

ザ・ナイトオブゴールド

ナイトオブゴールド

デルタベルンの式典

ちなみに今回は今までとは違って、背景にある血の紋章の垂れ幕とかは写真ではなく、全部イラレで製作。意外とメンドい…。


あとはやっぱりナイトオブゴールドといえば
ナイトオブゴールド
このポーズ。
バスター砲を背負ってないんだけど…あった方がマッスルでカッコイイかも。造ろうかしら…。waveのナイトオブゴールド1/144の使ってないパーツにあるから、造ろうと思えば造れるんだけど…アレ付けると自立が難しくなりそうで、今回は造らなかったんだよね〜。やっぱり自立しないプラモは辛いので…。

ナイトオブゴールド 改造
後ろはこんな感じ。

ナイトオブゴールド 改造
以前造った、ナイトオブゴールドA-Tと比べると、断然動かない…。
やっぱり立ち姿重視でいじるとこうなってしまうのはしょうがないのかも…。
でも、
かなりの部分は、キットそのままのWAVE製ナイトオブゴールドよりは動くので、まぁ良しとしよう!
(でも実はWAVEの1/144ナイトオブゴールドはほとんどと言っていいくらい使ってないんだよねWWW)


そう、このナイトオブゴールド。ガレキをベースにMHをミキシングビルドで製作しているんだけど、

レッドミラージュ
ナイトオブゴールド 改造

このキットは、以前いじった物なので、キットそのままではないんだけど
これを造ったときに、コレをベースに造れば、
既存のキットよりもかっこよくつくれるんじゃね?
と思ったのが今回の始まりなもんで。



ナイトオブゴールド 改造
ちなみに、ほとんど使っていないけど…
WAVEのキットとの比較。

おぉ! かなりカッコイイと自画自賛タイム突入WWW。
これでタバコ数本は吸えるほど悦に浸れる時間ですWWW

永野先生のモビルスーツ

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

最近はFSS(ファイブスター物語)ばかりだったんだけど…
我慢できなくて見ちゃったんです…

ガンダムUC(ユニコーン)



全部出てから一気に見たろと思ってたのに…

我慢できずに


    ・
    ・
    ・
    ・

オモロイ!!!

歴代のモビルスーツがメチャ登場するシーンが多く、それがまた、うねうね動くのWWW。 スゲーキレイなの!


で、マリーダさんこと、プル12(トゥエルブ)
ピクチャ 3

の話しが、チョウツボで…
ピクチャ 4

キュベレイカッコイイ! ってことで


IMG_3468.jpg
買ってまいました!

キュベレイ


で、いじるにあたって、色々調べてみたら…

キュベレイはFSSの作者「永野先生」がデザイン。

オレは
どんだけ
永野デザイン好きだよwww



まぁそれは良いとして…
久々のバンダイのキット。
最近はずーっと
WAVE製ばかりだったから
パチ組みがすごく楽で

バンダイのプラモの完成度の高さ、組みやすさ。

改めて感動!


ほんとありがとうございます。バンダイさんwww
IMG_3481.jpg

IMG_3487.jpg

で、

組んでみると、10年も前のキットなのに、この完成度。

カッコイイじゃない!

IMG_3484.jpg

以前造った1/144サイズの百式と身長比較

腰やら足やらをいじっているので、身長が高くなっている百式に比べると、やや小さい!? ので、身長は合わせたい!

やっぱり百式とキュベレイは対のモビルスーツだと思うのです。

あと、色もMk.2カラーではなく、この色やデザインに近づけるように
04890484.jpg
   ↑
永野先生が映画公開時!? に描いたキュベレイ



044946448_.jpg
   ↑
DVDのパッケージ



じゃぁ何でMk.2にしたんだよって突っ込みたくなるけど、まぁぶっちゃけ近所に売ってなかったんですよ。ハマーンカラーのキュベレイ。どうせ塗るし良いかなと思って…。

まずは顔がデカイので、こっからいじっていこう!
IMG_3488.jpg

キュベレイ改造記1

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

まずはテンション上げるために

からいじるのが好きなので
ここから


IMG_3473.jpg
改良点は
1)顔でかすぎ
2)上下の厚みありすぎ
3)目が大きすぎ
4)目が寄りすぎ

の4ポイント。
それを変えていきます。

IMG_3474.jpg
構造を見て、どういう風にいじれば良いかを確認。
首が面白い構造&アクションになっているので、ここは活かす

まずは分割して
IMG_3496.jpg


ビビリながら目の部分を思いっきりカットして上下に短く
IMG_3497.jpg
   ↓
IMG_3498.jpg
   ↓
ここまで薄くしてみました。

で、
ノーズの段差が邪魔なので

段差カット

IMG_3500.jpg
   ↓
IMG_3504.jpg
   ↓
IMG_3506.jpg
   ↓

目のデザインをつめって行って
IMG_3507.jpg
   ↓
段差をパテで直しつつ、目のスリットをけがきで入れる。
IMG_3512.jpg




これだけではもの足りないので
後頭部もひとアクセント

IMG_3522.jpg
1mmプラ板をこの様に組み合わせて、放熱フィン!? スラスター噴射口!? みたいなものを製作

IMG_3523.jpg
これをここに埋め込む。

IMG_3525.jpg
カッター&ヤスリでデザインを形成して

IMG_3529.jpg
はいスッポリ完成

…指の肌が荒れてますね〜。

ヤスリ使うと手が荒れるんだよねwww。ささくれまくりwww。

まぁそれは良いとして、
IMG_3537.jpg
バックシャンはこんな感じ!


完成!
kao_01.jpg


kao_02.jpg

大分変わった??

スムーズなラインでイジリ所が難しいけど、小さなディテールを追加で情報量を多くできるように。それとキュベレイは上下に薄い顔に。ガンダム系の顔に比べると、大分楽ちんな改造…だったかな??

キュベレイ製作記2

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

顔が出来たので、その勢いでボディ。


キュベレイ 改造
改修点は
1)左右の幅ありすぎ
2)コックピット上&下のスリットもっさすぎ


かな?
まずは分解して…
キュベレイ 改造

左右の肩ブロックを切り離し。これで中央部を細身に。
ここを細身にして、更に腰を引いたいわゆる
JOJO立ち
を決められるラインに。

キュベレイ 改造

まずは肩のブロックを裏打ち。1mmのプラ板を使用。
IMG_3538.jpg

下のスリットをカット
IMG_3543.jpg


更に同じく1mmのプラ板と、2mmのプラ板の2種類を使って
顔の時と同じく、放熱フィンのスリットを製作。
IMG_3540.jpg
   ↓
IMG_3545.jpg
ここのスリットを細かく左右の幅も細く


後ろには、ここにパイプが一体成型されているけど、ディテールがイマイチなのでカット。
IMG_3559_20120412173858.jpg


もそのままだと…でぶ!?

IMG_3481.jpg

パチ組みのキュベレイ

ので、腰はまるっきり交換。
使うのはコチラ
IMG_3519.jpg
バンダイユーザーには馴染みの少ない
FSS(ファイブスター物語)のプラモを出しているWAVEからリリースされている
レッドミラージュ。

以前製作したときに他から流用して使わなかったものなので、これを流用
IMG_2398.jpg

これがその時造ったレッドミラージュ

ちなみに、
このレッドミラージュ
キュベレイ
デザイン同じ
永野先生

これが合わないわけがない!

IMG_3520.jpg
サイズ的にはこんなに違う

一気に細身で、ヌルッと純正のデザインから、ややゴツゴツしたデザインに。

で、ざっくり組むとこんな感じ。

IMG_3548.jpg
顔とのバランスも確認。
   ・
   ・
   ・
   ・


   良しwww

更に胸のコックピットハッチの左右を詰めて細身に。
IMG_3557.jpg

キュベレイ改造機3

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

続いて腰。
キュベレイヌルッとしたデザインだから、こういうパーツのディテールも超さっぱりなんだけど…

IMG_3569.jpg
IMG_3571.jpg
これはさっぱりしすぎだろWWW。
ってか、完全に箱。
まるっきりデザイン放棄しましたね。バンダイさんWWW


設定も特にないので、思いっきり自由に。
ジャンクパーツや改造パーツ、プラ板等を使い
IMG_3587.jpg
IMG_3585.jpg

こんな感じに。

キュベレーはフィン? スラスター!? を全体に増やしたいので、臀部にはスリットを入れて、ヘイズルの余剰パーツでカバー。
前側はナイトオブゴールドA-Tの時に使用した「コトブキヤのフレームアーキテクト」の余剰パーツを。イイ感じにフロントのスカート部分に合うパーツがあって、ここでちょっと可動出来るようにもしてます。

サイドスカートも改造。
左がきっとそのまま、右が手を入れた物。
まずはパーツをスリット部分で分割して3分割して再接着


IMG_3574.jpg
プラ板等で形状を成型し直して、スラスター取り付けのために穴開け。

IMG_3589.jpg
ヤスリでスラスター取り付け口を造ってこんな感じに埋め込み
IMG_3590.jpg

       で…

完成。
最終的にはもう少しスジ彫りは入れようと思っているけど、それはもう少し全体像が見えてからなので、ここまでで一休み。


IMG_3592.jpg


全体像を見てみよう!

今回は
1)情報量を増やす
2)腰のラインに合わせてクビレを強調できるラインに。


ということを意識しました。


IMG_3593.jpg
スカートは上を純正よりも絞って、下は純正よりも広がる感じで、腰のラインを強調できるように。

IMG_3594.jpg
後ろはスラスターを装着で長さもやや長く見えるように。臀部のスリットや装甲などで、ディテールアップ

IMG_3595.jpg
一番悩んだのがここ。下から見た感じ。シリンダーなどを追加で情報量アップ。それとイマイチ気付かないと思うだろうけど、間延びしないために上下の長さを5mm近短くしてます。

これで顔&胴体&スカートがざっくり製作完成。
バランスを見るために組んでみる

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
IMG_3597.jpg


     良し!

キュベレイ改造記4

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

全体的にはかなり完成度の高いキットといえるキュベレイなんだけど、どうしても気に入らないパーツがあるんです。

それが


IMG_3581.jpg
でかすぎるだろう!
丸すぎるだろう!
真っ直ぐすぎるだろう!


ここは絶対変えたい!

色々なHPを拝見させてもらうと、モーターヘッド系のパーツか、パトレイバーのグリフォンの手を上手く流用するのが多い感じ。
けど、

個人的にキュベレイ
ファンネルによる遠距離からの狙撃タイプの機体で
とっくみあい等の接近製をあまり重視しない機体なので、
マニピュレーターはすごく簡素で良いと思っているわけで、
ごつくてデカイ手は不釣り合いと思っているわけで…

そんな中、ウチのジャンクパーツの中に、20年近く前に買ったこんなイイ物があった!

キュベレイ 改造

近藤番Zガンダム(Zグスタフ)の手


20年前の自分の思わず

「良くやった!」

と感謝しましたwww。

で、これをジム改の足の使わなかったパーツとボールジョイントで組み合わせて
キュベレイ 改造

こんな感じに

キュベレイ 改造
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
  良し!

キュベレイ改造記5

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

足…難しい。
ヘタにいじるとこの曲線は左右多雨小が出せない…ってか、そんな曲線造る技術はまず無い

ってことは
装甲に手を入れる
    ↓
余計かっこ悪くなる
*

ってことで、装甲はそのまま
情報量を増やしていこう!

んで

出た答えはここ
キュベレイ

スラスター噴射口をプラ板積層で造ろう!

今回はキュベレイはこのスラスター噴射口のフィンの追加が多い!? 改造になりそうです。
MH(モーターヘッド)を造ったからこそのディテールの考え方なのかな?
モーターヘッドはこういうフィンがメチャ多くて、メチャ似合うからWWW

では造っていきます。
まずは0.5mmプラ板をこんな感じで切って接着したパーツを製作。数枚はあえて斜めになるように切り出しておくのがポイント。

それを切って貼ってを繰り返して、今回は18枚のフィンを製作
IMG_3619.jpg
カッター&ヤスリで大まかに形状を造り、そこからヤスリ掛け&現物合わせで地道に造っていって、
こんなのできた。
ちなみに1個目は3時間かかったけど、
2個目は30分で出来たwww


IMG_3611.jpg

ここから更にヤスリでキレイにしていって
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
はい!! 完成!
微妙なラインを左右合わせるのがめんどくさい。ってか微妙にあってないけど、そこは愛嬌で。
IMG_3615.jpg
IMG_3616.jpg
IMG_3617.jpg



モモ部分は、形状がもっさすぎるので、ヤスリで細くしていこうと思ったんだけど、ジャンクパーツにこんな良いのがあった。

上→ギャプランTR
下→キュベレイ

IMG_3608.jpg

膝の接続が微妙に加工が必要だけど、ここはプラパイプを使えば簡単なので一気に加工して、
全体のバランスをチェック!

キュベレイ
足の加工、目立たねぇぇぇぇぇ〜WWW。

キュベレイ
後ろから見るとまあ解るかなって感じ。

キュベレイ
なんかやったった感はハンパ無い。これ作るとスゴイ達成感が。めんどかったけど、コレは非常に

良し!

パチ組みとここまでの比較
tati.jpg
ラインが変わってきた…かな?

キュベレイ改造記6

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

まだなにか隙間が気になるの足周り。
なので

IMG_3633.jpg
   ↑
こんなん造った。

これで、クツと足首の隙間をカバー。
IMG_3637.jpg
永野センセーのキュベレイにも
04890484.jpg
 
付いていたので、それを手本に。


それと、この隙間も気になる。
IMG_3634.jpg

膝パーツの上側

IMG_3635.jpg

膝パーツの下側



そこでキュベレイでお馴染みプラ板積層でこんなん製作。もはやこなれたモンで、この程度なら者の十数分で造れるようになったWWW。始めは1時間はかかったのに…馴れってスゴイ!
IMG_3638.jpg

それを耐水ペーパーで成型し直して
IMG_3640.jpg
膝の後ろの配置。
なかなか良し!


更に、クツ部分はキットの者ではなく、ギャプランTRのものを流用しようと画策中。サイズも丁度イイし、角張っていてこっちの方が好き!
IMG_3642.jpg

キュベレイ改造記7

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

足もほとんど製作が終わって、そうすると、やけに寂しさが目立つのが。特に肩部分は見る方向によって中が見えてしまうだけに、異常にディテールが寂しい

ので、

IMG_4464.jpg

今回は肩パーツをごちゃごちゃと製作。

実は僕、同じ物を2個造るのが大の苦手。(いや、決して他が得意ではないんですが…、特に2個造るのがってことで…)。。



ということで、まずはヒトツ造ってみようと言うことで、使用するのがコレ。

G3を造ったときに余った陸戦ガンダムについていたアプサラス

IMG_4472.jpg

この左右を使用するので、コレをカット。
IMG_4473.jpg

イメージはこんな感じで。イボイボがザクっぽくて、ジオン軍ぽくて良いでしょwww。
IMG_4474.jpg




更に、何故かウチにしぬほどある(数えたら8個もあったwww)このジム系の盾。
IMG_4483.jpg


これのアールが丁度良かったので、それを利用。
IMG_4484.jpg


更に肩自体も幅つめしてちょっと短めに。これで準備完了。
IMG_4488.jpg



あとはそれを切った貼ったしながら、あーでもないこーでもないと、試行錯誤してで着たのがコレ!
IMG_4502.jpg

結局お馴染みプラ板積層も取り付けて、こんな感じに。これをもうひとつ造って、バインダーを合わせてみると、バインダーの位置も気に入らないので、ホビーベースのボールジョイントを使って

IMG_4500.jpg
バインダーの位置を変更。
この取り付け位置はクシャトリアを参考に。アレを見ると、バインダーはやはりちょっと浮いていた方がカッコイイ。というのが、最近のバランスなのではと。それにこの方が腕も長く見えるので一石二鳥。


IMG_4501.jpg

っということで、肩パーツも完成…なのだが、後ろから見たときに寂しい部分があるので、それを次は追加して、肩パーツは終了しようと思う。

ではでは。

キュベレイ改造記8

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

ちょっと寂しかったので、やっぱりい造っちゃいましたWWW

スラスター噴射口。
えぇ、凝りもせずにプラ板積層ですWWW。

IMG_4503.jpg
なんかもう手慣れちゃって、これ左右造るのに、1時間かかったか、かからなかったかぐらい。
切り出すのも、どう切れば完成が楽かまで考えられるようになってきて…確実に慣れてます。



ここで、一度バランスを確認しようと、全部を付けてみる。

左→キットのまま。
右→現状

IMG_3492.jpg

おぉ! 変わった。スゲー変わってる!!

っと自画自賛です。これ眺めてタバコ数本消費しましたWWW。



次は…バインダー&バインダーの裏。最も難しい部分にチャレンジ!
IMG_4510.jpg

キュベレイ改造記9

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

バインダーをやる前に、細かいところを造っていこう!

っていうか…
バインダーどうやればいいか
わーかーらーなーいー!!!

しかも…

よっーつーもーあーるー

ので、足。

↓ここです。
キュベレイ 改造

隙間が気になるんです。

まずは、プラ板でざっくりベースを造って
キュベレイ 改造

くつとの隙間を確認して…
キュベレイ 改造

ジャンクパーツの中から、それらしい物を選んで装着。
キュベレイ 改造

各部に作ったプラ板積層のスラスター噴射口が
めちゃめちゃ目立つこのアングル。

これが好きなので、今回埋めた隙間がすごく気になっていたわけ。ということで、、今回は隙間埋めでした!
キュベレイ 改造

ばいーん!
って飛んでる時のアングル。

キュベレイ改造記10

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   1 comments   0 trackback

めんどい…
同じ物4つつくるの…
めんどくさい!

と、テンションが上がらないが、とにかくやってみようということで、バインダーに手を入れます。

ポイントは

1)メカニカル感の強調
2)ボリュームの強調

この
2点。

キットそのままはヌルッとしすぎて、キュベレイの推進力を支えるパーツとしては、イマイチだと思うっているので、
バインダーにもスラスター噴射口フィンを追加

をメインに考えました。

まずは外観。味気ない…。
キュベレイ 改造

こんな感じに花びらのようなイメージのデザインを追加
切ってやすっての簡単な加工。
キュベレイ 改造

で、
これが完成。造ってみて解ったのが、ここがストレートじゃない方が開いたときのバランスが良いってこと。比較的開き目のポージングが好きなので、これは大成功!
キュベレイ 改造

スラスター噴射フィンを追加していきます。
まずは分割。
キュベレイ 改造

で、こんな感じでプラ板を積層していく。
キュベレイ 改造

ここはメカメカしい雰囲気を出すためにカットで、後で何か違う形状の物を入れようと思ってます。
キュベレイ 改造

現状はこんな感じ
キュベレイ 改造
キュベレイ 改造

内部パーツの取り付け位置をより外側にして、ボリュームをアップ。
ここにパイプやらメカニカルな雰囲気を出すディテールパーツを付けて行こうと思いますが…これ4つつくるのに一日かかったので、疲れた!!!!!

今日はここまで。
キュベレイ 改造

キュベレイ製作記11

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

今回最も悩んで
最も納得いかない部分がここ。
バインダー

造ってはみたものの…あまり良くなってない!?

ってか、永野センセーのイラストとは違いすぎて似せることすら不可能という、何とも自分の技術の無さに…はぁ…。

04890484.jpg

永野センセーのイラスト。
こんな内部構造にしたかったのだが…。まず僕の技術では無理!


キュベレイ 改造

前回はこの状態。

ここから

まずはこんなパーツを製作。
塗装を考えて、プラ棒&プラパイプでダボ&ホゾをつくり、はめ込めるように内部構造は3ピーズに。
キュベレイ 改造

これを4つ製作。図面通りだと付かないので、全て現物合わせ。それだけ歪んでいるって事!?

キュベレイ 改造

キュベレイの設定に
「機体機動のほとんどはショルダーバインダーに内装された計12機のスラスターによって行われる」とあるので、推進力の強力さをアピールする縮耐炉みたいな物を設置。そこから3つのスラスターへ送るというイメージです。


最後に縮耐炉から内部に針金を通したバネを使って動力チューブを製作。これで完成。
キュベレイ 改造

設定とは偉い変わったけど…納得は行かないけど…これで完成ってことにします。
でないと、飽きちゃうからwww。
同じ物4つ造るテンションはもう無いwww。

キュベレイ製作記11

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

今回のキュベレイを造るのに、かなり参考にしているのがこの3つのイラスト。

特に肩のバインダーの取り付け位置は、「キュベレイの肩アーマー」ではなく、「4枚羽」とか「スラスター」であるということをすごく意識しているので、特にこの3機種は参考になります。


量産型キュベレイ
純粋なキュベレイの後継機
「量産型キュベレイ」

_クインマンサ
キュベレイを進化させた、究極のMSのヒトツ
「クインマンサ」

クシャトリア
クインマンサを20m級のサイズにまでダウンサイジングさせた
「クシャトリア」

永野センセーのイラストだと解らないバランスはここら辺かを参考にしてます。

キュベレイ改造期11-3

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   1 comments   0 trackback


加工はほとんど終了

キュベレイ 改造

後は細かいディテールとスジ彫り、それと
全体のヤスリ掛け&傷消しです。


ので、見た目的にはほぼ完成!
1/144 キュベレイ


加工後


IMG_3481.jpg

加工前



ポイントは
1)小顔
2)くびれたウエスト
3)むき出しの肩
4)ボディから浮いている肩


です。

キュベレイ HGUC



キュベレイ

特に肩のバインダーがキットそのままではボディにくっついているようで、「デカイ肩アーマー」っぽさ満点。でも、キュベレイのアレは推進力のスラスターなので、クインマンサクシャトリアと同じように「肩から浮いている」状態で付けたかったので、そのバランスとライン。そして見えてしまう肩パーツの製作が特に重点的なポイントでした。これで、よりメカメカしい感じに…なったか?

キュベレイ HGUC
かなーりバランスは変えているけど、後ろから見るとほとんど解らない悲しい結果にWWW。


--------------詳細-----------


IMG_4550_20120421185723.jpg
はキットかを削って製作。目は完全にくり抜いて空洞状態に。瞳はまだ造っていませんが、プラ棒で製作して取り付ける予定。片側のみの1眼にしようか、両方に付けて2眼にしようか迷い中

は放熱用のフィンやキュベレイらしいアールを損なわない装甲板をイメージして製作。特にボディとの接続部はむき出す関係上見える部分になるので凝って製作。





IMG_4551.jpg
は細身で積層っぽいデザインにするためにモーターヘッド(レッドミラージュ)から流用。
スカートは、その細いウエストのラインを強調できるようにキットより末広がりで上は細く、下は広がるように



キュベレイといえばこういった飛翔スタイル
このアングルで高い推進能力を印象づけられるように、スラスター噴射口をプラ板積層で製作。


IMG_4552.jpg
の3次元プラ板が最も考えて悩んだ部分。当初はバーニアを付けようと考えていたんだけど、そうすると走行時は「ゴーーー」っていう音がするでしょ!? キュベレイはもっと「ヒュイーン」って飛ぶイメージなので、スラスターフィンに。



IMG_4553.jpg
股関節のパーツはもうバンダイがデザインを放棄したスーパー手抜きデザインだったので、ここはシリンダーやら装甲やらを追加。それと上下に2mm位短く、後ろを2mm位短くして、サイズダウン。
立ったときにやたらと目立っていたので、ここのサイズダウンはオススメです。


IMG_4554.jpg



肩のバインダーと背中のファンネルボックスを外してみた。
このモビルスーツをデザインした永野センセーが、当時のインタビューで
「キュベレイのデザインは当時不評で…。印象的なパーツを外せば、ジオンのモビルスーツにしっかりとなるように考えたのに…」みたいなことを言っていたらしいのですが、確かにこれで頭を外してゲルググドムの頭を付ければ



IMG_4556.jpg
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

確かにジオン群の基本的なモビルスーツと同じバランスだ!!
キュベレイが突拍子のないデザインではなく、しっかりとジオンの系譜を受け継いだモビルスーツであることが解ります。さすが永野センセー

っと、色々描きましたが、やっぱり僕は思うんです。


やっぱり永野デザインのメカはカッコイイ!と。


さてさて、話しを戻すと、今現在悩んでいるのが


キュベレイには

ハマーン様

A_01.png

パールホワイトでツヤッツヤな塗装が似合うこのバージョンと
A_01A.jpg

プルが乗っていた、個人的に一番好きな
A_02.gif
ダークブルー(これならつや消しでもありかも…)
A_02A.jpg


プルツー
が一時期乗っていた
A_03_20120421191608.jpg
、しかもイタリアンレッド系の…微妙な色合い
があるんです。


A_03A.jpg


しかも、量産型になると
A_03B.jpg
こんなモノトーンバージョンがあったり、




このブログではさんざん載せている、永野センセーが最近描いた
04890484.jpg
シルバー×ゴールドがあったり

なーやーむー!!!!!!!