プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

スポンサーサイト

Posted by DAWA(プリケツ5号) on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zグスタフ製作記-7

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   10 comments   0 trackback

すっかりオンシーズンで無事…忙しさに撃沈しています…(T_T)。。
どうしても3月はブライダルと同じくらい卒業式の型物撮影が多くなってくるので…地味〜な忙しさが…(^_^;)

っと、一ヶ月ぶりの更新となってしまいましたが、本日、久しぶりの1日丸々オフということで、家にこもってプラモイジリしてましたwww

で、そろそろ細部を詰めていく作業を。。

まずは今回のZグスタフ
言わずと知れた「サイドストーリー・オブ・ガンダム・ゼータ」の主役機? なわけで、ガンダムのコミカライズの祖「近藤和久」センセーの完全オリジナルな機体

そこで、ディテールとかを考えていくと…いわゆる今風のパネルラインなんかはあんまり似合わないというか、そう言う物よりも「内部フレーム」だったり、「シリンダーやパイプ」なんかで、見え隠れするディテールを重視した方が様になると思うわけ。。

っということで、前回造ったバルキリーでは断念した「シリンダーフレーム」造ってみました。

G_02_20150326190114ab7.jpg

オール「ミキシング」ですwww

ZグスタフはZガンダム同様「変形機構で胴体がスカスカ」な機体なので、イメージとしては、ここに配されたシリンダーは稼動して
①腕を内部にたたむ
②頭を内部に入れる
③胸を上下に稼動させる


を意識した配列に、ただ、でっかいシリンダーを配するのじゃなくて、腰→腕や、腰→胸や、腰→頭との接続製を考えて。Zグスタフは「腰」が変形プロセスの要になると想定したシリンダー配列に。


後は、やや俯瞰から見たときの肩の接続も少々見栄えが欲しくて
G_01_201503261901128c5.jpg
こんな感じに。
肩のプレートに向かうシリンダーというか、支えが多くなるように、どうしてもここが少ないと違和感あるし、ブロックがあると「変形」できそうにないしというイメージから、複数のシリンダーを腕の接続部に集約してみました。


ちなみに、このシリンダーで使ったパーツ。ほとんどが
MGのZガンダムver.1HGUC Zガンダムでできてますwww
Zグスタフ

こんなレシピです。もちろん当初からある程度目処を立ててボディのサイズも決めていたので、すんなりと付けられました。。(*^_^*)進歩進歩w


現状です。
G_10.jpg

Zグスタフはデフォルトが腰シリンダーなので、やっとそれらしい「密集感」が出てきました。装甲面に細かなディテールを入れるのではなく、装甲面はなるべくシンプルに。その装甲が守っている部分を細かに繊細に。そんなディテール・イメージが出ればと思っていますが如何でしょうか?

近藤版


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。