プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

近藤版 小林版 明貴版。。。

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

20年間開かずの物置を今年1年で数回物色してます。。

で、昔のムック本が出てきました。
かなり珍しいイラストがありましたよ。。

近藤版ガンダム&明貴版ガンダム
近藤 ガンダム
漫画「MS戦記」掲載
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
ご存じ、1stガンダム。雑誌事態は1987年のガンダムウォーズIIと、1988年の漫画MS戦記に載っていた物で、結構古い? バリエーションイラストですかね? 近藤版と明貴版でかなり印象変わります。


明貴版エプシィ(ε)ガンダム
エプシィガンダム
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
設定では
アナハイムの2番目のガンダム計画の1台MS級核パルス推進器「プロッサム」搭載機で航行距離&航行時間の大幅な増大を目指した1台。この計画から「デルタ(δ)ガンダム」。つまり百式が生まれた…って書いてあるんだけど、0083のGPシリーズがまだ映像化される前の1987年の設定。GPシリーズとどっちが先なんですかね?


永野版Zガンダム初期案
設定 Zガンダム
ムック「ガンダムウォーズI」に掲載
永野センセーによる、TV版Zガンダムの初期案。えぇ…エルガイムですwww。頭部はZ、シールドはネモ、腰&胸&足は百式とリックディアスに分割されて使用された…ってあるけど、頭部コレZガンダムか?


MSZ-077 明貴版ZレイピアI
Zレイピア
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
Zガンダムの発展強化型。リックディアスを担当したアナハイムチームが担当し、カラバのZプラスを意識して製作されている。フライングアーマーと、強化型武装の2タイプに換装することを考えられている。


RX-272 明貴版ガンダムMK.3ハーピュレイ
ガンダムMK.3 イグレイ
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
グリプスで開発された連邦軍のガンダムMK.3計画の1台。可変機能にはギャプランの技術が流用されている。汎用機ではなく、作戦に合わせた武装に換装するという発想で、フリーア、ハーピュレイ、デュライという異なる装備試作機が作られた。


RX-166 明貴版ガンダムMK.3 イグレイ
ガンダムMK.3
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
キリマンジェロ基地で設計されたガンダムMK.3計画の1台。ガンダムMK.2の直系後継機で、宇宙限定の高軌道型スラスターを装備。ガンダムMK.2に比べて軽量な本体重量で、兵器のペイロードが増えている…って、これが一応僕が作ったガンダムMK.3になるのかな?


ORX-013 明貴版ガンダムMK.5
ガンダムMK.5
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
オーガスタ研が開発したサイコガンダムMK.2の小型版。背中に有線サイコミュシステム「インコム」を搭載。また、シールドには大型スラスター内蔵で宇宙での加速時にブースターとして使用する設計。開発途中でティターンズが壊滅。数体製作され、その内の1機がネオジオンに渡り、ドーベンウルフの原形となった


TMS-007X Zグスタフ(近藤番Zガンダム)
Zグスタフ
ZG6.jpg

Z GUSTAV

漫画「サイドストーリー・オブ・ガンダム・Z」掲載
1年戦争終了時、ア・バオア・クーにて回収した1stガンダムを元に、ジオン残党軍からなる「エゥーゴ」が独自に開発した強襲揚陸型可変機。漫画では飛行&変形テストを繰り返すシーンのみしか登場しない。これが製作したZグスタフでもある。

LPW-007SJ シュレイク・グスタフ(近藤番量産型Z)
SCHRECK G
何に出てきたのかは知らないんですが、これも近藤番Zとして有名な機体。


MSZ-006Zガンダム(藤田版)
FUJITA Z
小説「機動戦士Zガンダム」掲載
一番有名なZガンダムの派生デザイン。この足は僕も好き!




SSMS-010ZZ 近藤版ダブルゼータ「ジークフリート」
近藤 zzガンダム

漫画「ジオンの再興」掲載
近藤版ZZガンダム。トランスフォーメーションの集大成とも言える1台で、全長は31mと超巨大なMS。ガンダムタイプのフェイスの他に、ジムタイプの「量産型」も確認されている。

ZZガンダム(小林版)
KOBAYASIZZ.jpg

もはやガンダムの面影のない…。。




MS-06 近藤版ザク
近藤 ザク
漫画「MS戦記」掲載
近藤版漫画に登場するジオン軍の兵士「フレデリック・ブラウン」が最初に載った機体。TV版ではバックパックが貧弱と思ったらしく、スターウォーズの様なメカっぽさを追加。近藤ディテールの走りとも言える記念すべき1枚


近藤版 G-1(ゲーアイン)「エルメス」
近藤版 G-2(ゲーツヴァイ)
近藤版 G-3(デードライ)

ゲードライ
漫画「MS戦記」掲載
「グレート・ジオン」計画(G計画)のニュータイプ専用機種。Gシリーズは第一期のエルメスに始まり、、更にそれをコンパクトにしたG2(ゲーツバイ)・そして、その重火器モデルG3と発展。トランスフォーメーションシステムによる攻守最強のMSを目指す。呼び名はドイツ読みであり、頭文字のG(ゲイ)はニュータイプ部隊「GHOST GRUPPE」の呼び名から。
ってあるんだけど、他の本だと「G2はサイズダウンに失敗した関係でペーパープランだった」なんてのも。まぁ、こういう機体は言ったモンがち、その都度設定変更が常だからね〜。。



近藤版 ジ・O II
小林版 ジ・O

近藤版 ジ・オ
漫画「ジオンの再興」掲載
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載
プラモでたびたび製作されるジオの近藤版と小林版。たしかに近い物があるが、サイズ関係が大きく違いそう。


近藤版「ボリノクサマーン」
近藤 ボリノクサマーン
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載

カトキ版「ゼク・ツヴァイ」
ゼクツヴァイ
ムック「ガンダムセンチネル」に掲載

小林版 ハウンドドック
小林 ハウンドドック
ムック「ガンダムウォーズI」に掲載

近藤版 α アジール
近藤 α アジール
ムック「ガンダムウォーズII」に掲載

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://constructionkit.blog.fc2.com/tb.php/181-74f5bfda