プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

めちゃめちゃ動くMH13

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

開始からずーっと放置してきた
良い案が全然浮かばないので取り合えず造って気になるようならもう一度造り直すつもりで作業開始。

IMG_1834.jpg
まずは装甲部分の先端に裏打ちのプラ板を接着。ここが見えてしまう部分。

IMG_1837.jpg
こういう装甲のパーツも極力ヤスリ掛けしてヒケと歪みを直し、直線&エッジを強化。キットのママだとほとんど全面が歪んでますWWW

IMG_1838.jpg
IMG_1839.jpg

キットの腕のこの部分だけを切り出し

IMG_1843.jpg
こうなる予定
このあと、あーでもないこーでもないといろいろやっていくウチに…

いきなり完成。
写真撮るの忘れてました

写真057IMG_1847.jpg


プラ板で腕の部分を造り、手と二の腕を受ける部分はフレームアーキテクトの物を切って装着。底にカバーを掛けて完成といった感じ。ただ、これだと特徴的な肘の突起が色んなところに干渉して動きを妨げるので、ちょっと角度を付けました。最終的にはこの2倍以上角度を付けて可動範囲を上げることになりました。



更に
モーターヘッドの手はとにもかくにも特徴的で、ここをガンプラ用で代用はさすがにできない。でもキットそのままはまじで表情がない。そこで、昔。すげー昔に漫画「プラモ狂史朗」でやっていた、アルミ線可動軸を思い出して実践。

写真064
まずは4本を全て切り分けて


写真65
掌と指を切断。「ぎゃー」って感じの絵ですよね。背中がぞくぞくする。

写真66
ピンバイスで0.8ミリの穴を4本開け

写真067
こんな感じで*取り付け%可動用のアルミ棒を突っ込む。ちなみにこのアルミ棒、前に腰とかで使用した自在ワイヤーの被膜を向いた物なので0円でOK

写真68
で、バラバラになった4本の指側にもピンバイズで同様の穴を開け、接着剤と一緒に突っ込んで固定!
これで完成! キット粗組みと比べると、4指が開いた分指先にも表情が出たかも。

写真068A
金属の中でも、もっとも曲げられるアルミ棒を使用しているから、結構良く動く…のだが、アルミは曲げに弱いので(バイク乗りでは常識的な金属の話し)、左手はアルミじゃなくステンレスにしてみた。動きはすごく硬いが強度はバッチリだと思われる。


更に、この間、秋葉原のホビー天国に行った際に見つけたコレ

スチール製の超ちっちゃい模造刀。コレの刃先がナイトオブゴールドの刃先に合ったら格好いいなと思いこれを花王して剣も造ります。
写真70
写真071


っと、後は塗装の乾燥を待って組み立てと細かなパーツを製作して終了。次回は完成した姿を見せられると思います。
ではでは

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://constructionkit.blog.fc2.com/tb.php/22-5bc2702a