プラモイジリな日々

30代半ばのリターンプラモデラーの気ままな日記です。 ガンダム&ファイブスター物語を中心に改造(破壊!?)を楽しんでますwww

スポンサーサイト

Posted by DAWA(プリケツ5号) on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RX78 ガンダム製作記3

Posted by DAWA(プリケツ5号) on   0 comments   0 trackback

HGのOガンダムを使用して、ファーストガンダムを造ってみようという今回。。
更に、工作の精密さ向上を目指して、今まで「目見当」や「現物合わせ」だった工作を、寸法取りだったり、左右対称に気を使ったりと、色々新しい事に挑戦して(といっても、仕上がりがいつも通りの雰囲気になるとは思いますが…)造っていきたいと思います。

で、今回造っていくのが「肩可動軸」
これは、AGEを組み立ててみて感じたことなんですが、肩部分に可動がはいると、「見得を切る」ようなポーズや、手を挙げたポーズがよりカッコイイと思ったわけです。

「ラストシューティング」
i041580694064.jpeg

なんて有名なポーズがあるRX-78ガンダムなら、なおのこと、このポーズが決まった方がカッコイイと思うわけです。

IMG_5589.jpg
キット純正は、ボールキャップで可動域はそれなりに高いのですが、肩の位置自体を動かせた方がイイので、ここをいじっていきます。
そもそも、顔に対して、肩の位置もちょっと低く感じたので、それも解消の一石二鳥を企んでいます

で、途中の写真撮影忘れちゃったので、いきなりこんな感じのを造りましたの図

IMG_5590.jpg

こんな感じになっています。
プラ板で造った可動軸受けに
HGUC ブルーディステニーの肩関節


を合わせています。

で、こんな感じに。
IMG_5593_20130526062921.jpg


肩のラインも微妙に上がっているのが解りますか?

IMG_5600.jpg

とりあえず、HG ガンダムAGEの腕に一式に、HGUC RX-78ガンダムの肩を合わせてみました。。
これで

IMG_6595.jpg

左が腕の軸のみ
右が肩の軸+腕の軸で可動


肩か同軸造った方が、より人間らしい手の上げ方になるし、ラストシューティングなんてポーズも決まると思ったわけです。

僕の思うカッコイイポーズには「可動範囲の拡大」が凄く重要なポイントだと思っているので。。



あと、バランス的に気になっているのがクツ。
やっぱりここら辺の形状が、宇宙世紀ものとアナザーものでは大きく雰囲気が違うと思っている部分。

で、ここはOガンダムHGUC ジム改の2つをミキシングして造ろうと思います
IMG_5613.jpg

まずは、ジム改のスリッパをまっぷたつに切断。で、左右均等に削って幅詰め。。

Oガンダムのスリッパは
IMG_5611a.jpg

この部分のみを切り出し


で、それらを合わせると
IMG_5621.jpg

こんな感じになって
IMG_5622_20130526070729.jpg


装着するとこんな感じ。

比較してみると
IMG_5624a.jpg IMG_5624.jpg

かなり雰囲気変わったと思いますがどうでしょうか? 細身なファーストガンダムっぽいラインになったでしょうか?

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://constructionkit.blog.fc2.com/tb.php/221-f76ba03d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。